四日市市で評判の中古車販売店ランキング!口コミで人気の販売店を厳選しました。

ランニングコスト対策!維持費があまりかからない中古車の特徴とは?

中古車

中古車を購入するとランニングコストがかかるとご存知でしたか?中古車は購入後にも維持費などで継続的にお金がかかります。本記事では、ランニングコスト対策と維持費があまりかからない中古車の特徴をご紹介。購入した後で予想よりもコストがかかったなどと後悔してしまわないように中古車の購入を検討している方は、ぜひご覧ください。

購入後どんな費用がかかるのか

中古車は購入時だけでなく、購入後にも永続的にランニングコストがかかります。ランニングコストを合計すると、年間30万円から50万円ほどの費用がかかるので、中古車購入前からあらかじめお金をためておくことが重要です。

中古車購入後にどんな費用がかかるのかわからないという方のためにここでは、中古車を購入した後、どんな費用がかかるのかを紹介します。

おおよそどのくらいの金額がかかるのかも紹介するので、まだ中古車購入後の具体的なランニングコストのビジョンが見えていないという方は、ぜひご確認ください。

税金

中古車購入後には、自動車税と自動車重量税の2種類の税金がかかります。どちらも共に自動車を保有し続けている間、毎年支払わなければいけません。自動車税は、普通自動車か軽自動車かによって、支払う税金の名前と金額が少し変わります。

普通自動車の場合は自動車税を支払います。自動車税は、おおよそ3万円〜10万円のことが多いです。軽自動車の場合は、軽自動車税を支払います。

軽自動車税は自動車税とは違い、基本的に一律で1万0,800円です。毎年かかる自動車税を安く抑えたいという場合は、軽自動車の購入をおすすめします。

自動車重量税は、自動車の重さによって支払う金額が決まるのです。自動車重量税の年間費用は軽自動車の場合一律で3,000円ほどで、普通自動車の場合1万円~2万円ほどになります。

保険料

保険料は、自賠責保険と任意保険を支払わなければいけません。自賠責保険は車の所有者に加入が義務付けられている保険です。任意保険は加入が推奨されていますが強制ではないため、自分で加入するかを決めることができます。

加入するかは自分で決めることができますが、車の所有者のほとんどが任意保険にも加入しています。自賠責保険は普通自動車の場合2万1,550円で、軽自動車の場合2万1,140円です。任意保険の費用は、加入する保険会社によって大きく変わりますが、相場は3万円から7万円です。

燃料の費用

燃料の費用は、車の使用頻度や車の燃費のよさ、燃料の種類などで大きく変わってきます。年間の燃料費の相場は、軽自動車の場合約7万2,000円、普通自動車の場合12万円ほどかかるといわれているのです。

なお、燃料の価格は時代と共に変わってきているため、今後さらに費用がかさむ可能性は少なくありません。

メンテナンス費用

メンテナンス費用とは、車検や車の修理費、消耗品補充などにかかる費用です。車のメンテナンス費用は年間約2万円から20万円ほどかかります。メンテナンス費用は、その年の車検の有無や車の状態によって大きく変わってきます。

駐車場の費用

自宅に車を止めて置くスペースがない場合は、駐車場を借りなければいけないため駐車場費用がかかってきます。駐車場の費用は、借りる場所によって大きく変わるもの。

駐車場費用の相場は、6万~36万円ほどです。東京などの土地の価格が高い地域の駐車場はレンタル費用が高く、土地の価格が安い地域の駐車場はレンタル費用が安い傾向があります。

維持費が安い車の特徴・車種とは

車の車種によっては、年間の維持費を抑えることができます。中古車の購入を検討している方向けに、ここでは維持費が安い車の特徴と車種をご紹介。購入するならランニングコストを少しでも抑えられる車がよいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ハイブリットカー

ハイブリットカーは、普通自動車に比べて燃費がとてもよいです。そのため、年間の燃料費用を安く抑えることができます。

ただし、ハイブリット車は車体の価格が高い傾向があるので、2年3年と乗り続けるつもりがない場合は、トータルの費用を考えると損をしてしまう可能性があるため注意が必要です。

軽自動車

軽自動車は普通自動車に比べて燃費がよいため、年間の燃料費用を抑えることができます。燃料費用以外にも自動車税と自動車重量税も、普通自動車よりも数万円安くなるでしょう。

燃費のよい車

燃費の悪い車はそれだけで燃料費用がかさみ、維持費が高くなってしまいます。車種に特にこだわりがなければ燃費のよい軽自動車やハイブリッドカーなどを選んだほうが維持費を節約することができるでしょう。

比較的新しい中古車

新しい車よりも古い車のほうが、メンテナンスで費用がかかる可能性が高いです。そのため予算に余裕があるなら少しでも新しい車を購入したほうが、後々費用が安く抑えられるでしょう。

ランニングコストがかかるか計算して購入しよう

車を購入した後で、予想外の出費に苦しまないためには、あらかじめランニングコストにかかる費用を計算しておくことが重要です。

税金、保険料、メンテナンス費用、駐車場費用の4つは、購入前からどのくらいの金額がかかるのか予想ができるため確実に計算しておきましょう。

 

中古車の維持費には、税金、保険料、メンテナンス費用、駐車場費用、燃料費用などがかかります。これらの維持費用は、燃費のよい中古車を選ぶと費用を抑えることができます。中古車を購入するときは、購入後のランニングコストがどのくらいかかってくるのかを考えて購入するようにしましょう。

 

サイト内検索
【四日市市】おすすめの中古車販売店の口コミや評判
記事一覧

【四日市市】おすすめの中古車販売店ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名RiSEネクステージビッグモーターVERSUSHonda Cars
特徴県下最大級の整備工場、ロードサービスなど幅広くカーライフをサポートどこにも負けない品揃えと365日ベストプライスの設定車に関するすべてのニーズに応える姿勢ヴァーサスグループは誕生20周年!高品質な厳選特選車を大放出!Honda認定中古車ディーラー。充実した保証とサポート体制
詳細リンク