四日市市で評判の中古車販売店ランキング!口コミで人気の販売店を厳選しました。

中古車購入時に印鑑証明は必須?具体的な取得方法を知っておこう!


中古車を購入する場合は、本人確認書類や車庫証明書など、さまざまな書類が必要ですが、印鑑証明は不要になるケースと必要なケースの2種類あります。今回は「これから中古車を買いたいけど、印鑑証明は必要なの?」とお悩みの人に向けて、中古車購入で印鑑証明が必要なケースと、印鑑証明の取得方法ついてご紹介します。

中古車購入時に印鑑証明は必須?

中古で普通乗用車を購入する場合、軽自動車を購入する場合、どちらも印鑑証明が必要なのでしょうか。印鑑証明が不要になるケースと、必要になるケースについてまとめました。

普通乗用車の場合は印鑑証明が必要

中古の普通乗用車を購入する場合は、印鑑証明が必要です。印鑑証明は不動産などの「資産」の売買で必要になります。日本の法律では、車も資産とみなされているため、普通乗用車を購入する際は、新車であろうと中古車であろうと、印鑑証明を提出する義務があります。

軽自動車の場合は印鑑証明はいらない

購入するのが中古の軽自動車の場合は、印鑑証明は必要ありません。軽自動車の場合は法律では資産として扱われないのが理由です。軽自動車を購入する場合は、住民票、自動車検査証、印鑑(認印でも可)、自賠責保険証、委任状、車庫証明書などの書類が必要になります。

自動車ローンを利用する場合も印鑑証明はいらない

自動車ローンを利用して中古車を購入する際も、印鑑証明は必要ありません。ローン会社が貸し倒れになってしまうリスクを避けるため、車を担保にするためです。ローンが完済するまでは、持ち主の資産にならない仕組みになっています。

中古車購入時に必要な印鑑証明の枚数

中古車を購入するときに必要になる印鑑証明の枚数は、購入する方法によって変わります。購入方法ごとで、必要になる印鑑証明の枚数についてまとめました。

普通乗用車を現金で一括購入する場合は「1枚」

中古で普通乗用車を現金で一括購入する場合は、印鑑証明が1枚必要です。現金で一括購入すると、自動車が購入者の資産になるからです。印鑑証明は名義変更の手続きで使われます。

銀行のローンを利用して購入する場合も「1枚」

例外として銀行のローンで購入する場合も、印鑑証明が1枚必要になります。銀行のローンは審査が厳しく通りづらいですが、低金利で毎月のローンの返済に負担がかかりにくいのがメリットです。もし現金一括で購入できない場合は、銀行のローンの利用を考えてみましょう。

下取りや買取で乗り換える場合は「3〜4枚」

現在車を持っていて、下取りや買取で車を乗り換える場合は印鑑証明が3〜4枚必要です。まず下取りや買取で2〜3枚必要で、新しい車を購入するために1枚必要になります。下取りや買取では、車の移転登録や自賠責保険を解約するために、印鑑証明が必要になるのです。もし下取りや買取で車に値段がつかず、抹消手続きが必要になった場合は、さらに印鑑証明がもう1枚必要になります。

ディーラー系のローンで購入する場合は不要

銀行のローンではなく、ディーラー家のローンで中古車を購入する場合は、印鑑証明は必要ありません。ディーラー系のローンを使う場合、車の所有者はローン外車になるからです。ローンを完済した場合に「所有権解除手続き」を行うことで、車を自分の資産にできます。ディーラー系のローンを使って車を購入する場合は、住民票が求められることが多いようです。

印鑑証明の具体的な取得方法

印鑑証明を取得するためには、市役所で印鑑登録の手続きを行ってから発行手続きをします。印鑑登録の手続きが終わっていない人は、市役所の窓口で印鑑登録を行ってください。

市役所の窓口で印鑑登録を済ませておく

印鑑証明を取得するためには、まず市役所で印鑑登録の手続きを済ませておく必要があります。印鑑登録をするためには、顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)が必要です。市役所に置いてある印鑑登録の申請書に必要事項を記載して、窓口で手続きを行ってください。

代理人に頼んで印鑑登録する場合

印鑑登録は、基本的に本人が行うものです。しかしどうしても本人が市役所で印鑑登録できない理由があるのであれば、代理人へ依頼をして登録することもできます。

もし代理人に印鑑登録を依頼するのであれば「委任状」が必要です。委任状を持参して窓口で手続きをしたら、後日「紹介書」もしくは「回答書」が自宅に送られます。「紹介書」か「回答者」に必要事項を記入して市役所に提出する流れです。

印鑑証明は市役所かコンビニで発行できる

印鑑登録の手続き後は、印鑑証明を発行できます。印鑑証明は、市役所がコンビニで発行可能です。印鑑証明を市役所で発行する場合は、免許証や保険証等の本人確認書類が必要になります。コンビニで印鑑証明を発行する場合は、マイナンバーカードが必要です。

原則として発行されてから3か月以内の印鑑証明が必要

中古の自動車を購入する場合は、原則として3か月以内に発行された印鑑証明が必要です。取得してから3か月以上の印鑑証明は無効になるため、注意してください。印鑑登録後は、即日で印鑑証明が受け取れることがありますが、顔写真つきの本人確認書類が必要です。

まとめ

中古で自動車を購入する場合、印鑑証明が不要なケースと必要なケースの2パターンがあります。中古の軽自動車を購入する場合と、ディーラー家のローンを使って車を購入する場合は、印鑑証明が必要ありません。中古の普通乗用車を購入する場合や、銀行のローンを使って購入する場合は印鑑証明が必要です。印鑑証明は市役所で印鑑登録の手続きをした後に、発行手続きをして取得してください。

サイト内検索
【四日市市】おすすめの中古車販売店の口コミや評判
記事一覧

【四日市市】おすすめの中古車販売店ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名RiSEネクステージビッグモーターVERSUSHonda Cars
特徴県下最大級の整備工場、ロードサービスなど幅広くカーライフをサポートどこにも負けない品揃えと365日ベストプライスの設定車に関するすべてのニーズに応える姿勢ヴァーサスグループは誕生20周年!高品質な厳選特選車を大放出!Honda認定中古車ディーラー。充実した保証とサポート体制
詳細リンク