四日市市で評判の中古車販売店ランキング!口コミで人気の販売店を厳選しました。

中古車をお得に買えるタイミングはある?具体的な時期を考えよう!

高額な買い物であればあるほど、「できる限り安く買いたい」と考えるのは誰にでもあるのではないでしょうか?実は中古車業界では、時期によって値段の高い時期、低い時期が存在します。つまり中古車の値段が安い時期を狙って購入すればお得に買えるので、今回は中古車をお得に買える時期について解説いたします。

中古車の価格を決めるポイント

中古車の価格は車を買いたい「需要」と、販売店が抱える在庫や流通台数といった「供給」によって成り立っています。たとえば生産中止になった人気スポーツカーなどは根強い人気を誇っているため、高額で売買されているようです。

こうした例は極端ですが、一般的に中古車は古い車であっても人気モデルなどの需要の高い車の価格は高く、需要の低い車は安く設定されているのです。また中古車は年数の経過と共に価格が下がっていきますが、供給の影響も同時に受けているため実際には上がったり、下がったりを繰り返しています。

まとめると中古車の価格は“需要と供給”“車の状態”“走行距離や年式”などの要素がさまざまに重なりあって形成されているため、相場を見極めるのは困難です。ただ1年を通して価格の高い時期と安い時期があるので、その時期を見計らえば、初心者でも中古車をお得に買うことができます。

中古車をお得に買えるタイミングはある?

中古車をお得に買えるタイミングは主に“3月・9月”と“4月・5月”の2つの時期です。他にもお得なタイミングはさまざまありますが、まずは上記2点について解説します。

決算期を迎える3月・9月

販売店が決算期を迎える3月・9月は販売店が売上目標を達成するため価格を値下げしたり、手厚い保証サービスを付けたりするので狙い目の時期であります。

また販売店は売上目標のためだけに値引きしているのではありません。決算期になると中古車ディーラーは販売台数に応じて「報奨金」をもらえる仕組みになっています。この報奨金がスタッフのボーナスや福利厚生といった貴重な収入源となっているので、販売店は例え利益が落ちても報奨金を得ようと必死に売り込みを行うのです。

ただし3月は新生活へ向けて車の需要も高まるため、人気の高い車はかえって価格が上がる傾向もあります。そのため、3月に車を購入するのであれば、できるだけ多くの販売店から比較検討することをおすすめします。

4月・5月もおすすめ

「車をできるだけ安く買いたい」という場合は4月・5月が狙い時です。なぜかといえば、この時期は需要のピークが終了して車が売れにくくなる時期だからです。

またこの時期は、3月に車を購入した人達の「下取りに出した車」が店頭に並ぶ時期でもあります。つまり4月・5月は「在庫は多いのに、客足がほとんどない状態」なので販売店は車を少しでも売るため、価格を安く設定するのです。

そのためこの時期は「中古車を最も安く買える時期」でもあります。ただしこの時期は選べる車種が3月・9月よりも少ないデメリットがあります。

その他のおすすめ時期について

中古車をお得に買える時期は他にもあります。たとえば5年~7年の間隔で行われる“モデルチェンジ後”“年式が落ちる毎年1月”“ボーナスシーズン前”そして“円高の時期”です。

ちなみに円高時に安くなる理由は、円高になると中古車の輸出量が減って、国内の在庫が増えるためです。反対に円安になると輸出が活発になり国内の在庫が減るので、中古車の価格は高くなります。

中古車が安い時期に購入する際の注意点

中古車を安く買える時期には、いくつかの注意点があります。この項目ではそれぞれの注意点について解説しましょう。

車の状態はよく確認しておく

1つ目の注意点は、車の状態はできるだけ確認しておくことです。格安中古車には、必ずそれなりの理由があります。

たとえば故障リスクが高い修復歴であったり、走行距離があまりに長いなど酷使された車であったり、保証がない車であったりする可能性があります。一般的に車の年間走行距離は一万km程度なので、年式と走行距離が適切な範囲で収まっている車が状態のよい車です。

また車検の有無や、保証内容もあわせて確認しておきましょう。もし車検のない車なら追加費用がかかる上、何も保証が無ければ不測の事態に思わぬ損失につながる恐れがあるからです。

13年を過ぎると税金が高くなる

2つ目の注意点は、車は登録から13年を過ぎると税金が高くなることです。車の税金には大きく分けて自動車税と重量税の2種類の税金があり、13年を過ぎると15%増税されます。

例を挙げると1,000cc(コンパクトカーなど)の車は13年未満だと2万9,500円ですが、13年を超えると3万3,900円まで値上がりします。また重量税は1.5t以下の車で13年未満だと2万4,600円ですが、13年を超えると3万4,200円まで値上がりするようです。

新車であれば増税を迎えるのは先の話ですが、中古車だと思わぬ間に増税を迎える恐れもあります。そのため、購入時には「あと何年で増税を迎えるか」という点にも留意しておきましょう。

軽自動車は4月2日以降に購入する

3つ目の注意点は、軽自動車は4月2日以降に購入すると節税対策につながります。というのも軽自動車税は4月1日時点で所有者に対し、1万800円請求される仕組みになっています。

たとえば3月に購入すると、4月1日には所有者と認められるため、その年の軽自動車税が課せられますが、4月2日以降に購入すれば、翌年の4月1日まで軽自動車税が課せられません。つまり4月2日以降に購入すれば、その年に支払う軽自動車税1万800円分を支払わなくても済むようになるのです。

もし軽自動車を検討している方がいれば、この点も考慮に入れておくと費用を少しでも抑えることができます。

 

中古車の相場は需要と供給によって日々変動していますが、決算期を迎える“3月・9月”、そして需要のピークを過ぎ、車が売れなくなる時期の“4月・5月”は比較的お得に購入できる時期であります。しかし、ただ安いからという理由だけで購入するのではなく、車の状態やアフターフォローなど、良し悪しを見定めて購入することが中古車の上手な買い方です。

サイト内検索
【四日市市】おすすめの中古車販売店の口コミや評判
記事一覧

【四日市市】おすすめの中古車販売店ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名RiSEネクステージビッグモーターVERSUSHonda Cars
特徴県下最大級の整備工場、ロードサービスなど幅広くカーライフをサポートどこにも負けない品揃えと365日ベストプライスの設定車に関するすべてのニーズに応える姿勢ヴァーサスグループは誕生20周年!高品質な厳選特選車を大放出!Honda認定中古車ディーラー。充実した保証とサポート体制
詳細リンク